※入居者の皆様が、快適な生活を送っていただくために
困ったときのためのQ&Aをまとめました。



Q、お湯が出ない?ガスコンロが点かない?
A、都市ガスの場合
まずガスメーターを確認して下さい(玄関横の鉄扉の中にあります。)中央の赤いランプが点滅していたら、下記の方法で復帰できます。
ガスが止まり、マイコンメーターの赤ランプが点滅していたら、原因を確認し、異常がない場合は以下の手順で復帰してください。

1、すべてのガス栓、器具栓を閉めてください。
(屋外の器具も忘れずに)このときメーターガス栓は閉めないでください。
2、復帰ボタンのキャップを手で左に回し、キャップを外して下さい。
3、復帰ボタンを止まるまでしっかりと押して、表示ランプが点灯したらすぐ手を離して下さい。
4、約3分間待ちます。
このあいだにマイコンメーターが安全を確認。表示ランプの点灯が消えるとガスが使えます。

*3分間以上点滅が続くときは、ガス器具の閉め忘れがないかを再確認し、やり直してください。


A.LPガスの場合
マイコンメーターをチェック!

なぜ止まるの?
ガスもれがあったり、長時間使用をすると、ガスメータに内蔵されているマイコンが流れに異常があると判断し、遮断弁を働かせます。同時に、ガスは遮断されます。
●お風呂のつけっぱなしなど、必要以上に使用時間が長いとき。
●震度5以上などの大きな地震が発生したとき。(S型、SB型、H型などの感震器付タイプ)
●不自然に大量のガスが流れ出したとき。
●ゴム管が外れたとき、または、腐食や損傷などで、長時間にわたって、埋設管からガスが漏れ続けたとき。

※このように保安機能が充実しています。復帰の際は、ガス臭くないか、充分確認してください。

復帰方法は簡単!
マイコンメーターがガスを遮断した後、自分でできる復帰方法


なぜ待つの?
復帰ボタンを押した後、ガスもれがないかどうかマイコンメータが1〜2分間、安全確認をしています。異常がなければ、ランプの点滅(遮断理由の液晶表示)が消え、もとどおりガスが使えます。なお、正常に復帰しない場合や、不明な点がある場合はLPガス販売店までご連絡ください。


うちのとちょっと違うみたい
マイコンメータは、メーカによって、色や形が多少ちがうものがあったり、S型、SB型、H型などの種類があります。 遮断復帰を確認するための「表示ランプ」や「復帰ボタン」は、どのメータにもありますので、位置を覚えてくださったら、大丈夫です。

Q、お風呂の排水の流れが悪い?
A、排水トラップの清掃をして下さい。
※定期的な清掃が必要です。下記の方法で清掃をして下さい。
【排水口のお手入れ】
床目皿を取り外して下記要領で行って下さい。

1、ゴムエルボを引き抜く。
・通常はゴミ受のゴミをこまめに取り除いて下さい。

2、封水筒を矢印の方向に回してはずす(引き上げる)。

3、トラップ内のゴミを除く

4、上記の逆の手順にて元に戻す。
・熱湯及び塩酸・シンナー等は各部品を傷めますので絶対に流さないで下さい。

Q、トイレの水が流れない?トイレの水が止まらない?
A、流れない場合は
タンクのフタを外して中を見ます。手洗管付のものはフタを開けてからボールタップと接続しているホースを抜いて下さい。
故障の原因を調べて、その箇所を直しましょう。
※作業の前には必ず止水栓を閉めて下さい。

手洗管ホースの点検
手洗管から水が流れない場合は、手洗管ホースのはずれ、または破損 ホースを差し込み直すが破損している場合はホースを交換します。

レバー・クサリの点検
レバーがサビや破損で動かない。クサリのはずれ、又は切れ。 サビを取るかレバーを交換します。クサリは掛けなおすか、切れている場合は交換しましょう。

浮玉・アームの点検
アームのゆがみ、または浮玉が何かにひっかかり上がったまま。 ゆがみやひっかかりを直し、正しく上下するようにします。

ポールタップの点検
上記の箇所に異常がないようなら、ボールタップのどこかに原因があるのでしょう。 中面のボールタップの点検及び、ボールタップの修理を参考にして下さい。

止水栓が閉まっていませんか?
作業後には必ずタンクのフタを閉めてから、忘れずに止水栓を開いて下さい。ドライバー式の場合は、マイナスドライバー等で開けてください。


A、止まらない場合は
水がオーバーフロー管の上までない
オーバーフロー管・排水弁の破損部分、またはゴムフロートの所からの水漏が原因です。

オーバーフロー管・排水弁の点検
オーバーフロー管・排水弁が亀裂など破損している。 新しいものに取り替えます。

ゴムフロートの点検
異物がはさまっていたり、クサリがひっかかってゴムフロートが閉まっていない。 異物やひっかかりをなくし、ゴムフロートが閉まるようにする。

ゴムフロートが排水弁より外れている 正しい位置に取り付け直す。

上記の箇所に異常がないようなら、ゴムフロートの傷みが原因でしょう。 新しいものに取り替えます。


水がオーバーフロー管の上まである
オーバーフロー管・排水弁の破損部分、またはゴムフロートの所からの水漏が原因です。

浮玉の点検
アームが曲がっていたり、何かに浮玉がひっかかって下がったまま。 アームが曲がっている場合は、新しいものに取り替え、浮玉がひっかかっている場合は、正しく上下するように直す。

浮玉がはずれていたり、破損により中に水が入って下がったまま。 正しい位置に取り付け直すか、新しいものに取り替えます。

ボールタップの点検
ボールタップ弁に異物や水アカがはさまっている。 ボールタップ弁を抜き取り、異物や水アカを取り除く。

ボールタップ内パッキンの傷み ボールタップ内パッキンを新しいものに取り替えます。

上記の箇所に異常がないようなら、ボールタップ本体の傷みが原因でしょう。 新しいものに取り替えます。

ブレーカーが落ちる
Q、アンペアブレーカーが落ちる
A、契約容量以上の電気を使うとアンペアブレーカーが作動し、電気が切れます。
ご使用の電気製品を減らし、ブレーカーを上げて下さい。

Q、漏電遮断器が落ちる
A、回路のどこかで漏電があると、電気を止めます。漏電遮断器が落ちたら、次の要領で対処して下さい。
1、漏電遮断器、安全ブレーカーの全てを切る。
2、漏電遮断器を入れる。
3、安全ブレーカーをひとつずつ入れる。
4、漏電遮断器が再び切れたときその回路のどこかで漏電しているのがわかりますので、その回路ブレーカーのみを切り漏電遮断器を入れる。
5、管理業者、または電気業者へ連絡を入れる。

Q、安全ブレーカーが落ちる
A、回路別に電気の使用量が許容量を超えるとスイッチが切れるので、その回路の電気製品の使用を減らしブレーカーを入れる。

※いずれの処置をしてもブレーカーが上がらないときは、管理会社または電気業者にご連絡下さい。

Copyright (c) 2006 www.maruzen-f.co.jp

丸善不動産のホームへ 住まいと暮らしのQ&A 個人情報保護 お問合せ 会社概要 ホーム